2019年1月18日金曜日

インフルエンザ渦と新たなる設備投資。

jr.です

明けてからだいぶん経ちますが、
新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

さて、新年早々弊社はインフルエンザ渦に巻き込まれてしまいました。
ほぼ事務所の全員が感染し、事務機能が麻痺してしまいました。
年明けから本当に踏んだり蹴ったりです。だれもいなくなることなど
想定もしていなかったので、本当は感染5日間の休養が必要だったの
ですが、熱が下がったこともありやむを得ず3日目には出社して対応
しました。普段からこういう危機的状況におちいったときに対応でき
るよう、スタッフとも今後議論していくようにしないといけません。
ご迷惑をおかけして、本当に申し訳ございません。

さて、昨年から続く仕事のタイトさは、年明けになっても変わらずで、
短納期に追われる日々です。年明け早々からタイトなスケジュールで
従業員にはがんばってもらっています。ありがたいです。幸い工場の
方にはインフルエンザが蔓延しなかったので、止まることなく作業で
きています。工場は一人でも欠けると業務に支障が出てくるので、健
康管理は重要です。効率の良い仕事をするうえで、健康は第一です。
あとは新たな設備投資。弊社も、毎年の様に工場の効率をあげるため
の設備投資は積極的に行っています。今年は、切断機の更新を考えて
います。年々、鋼板加工の受注は増えており特に2次加工の割合が増
えてきています。加工効率を上げることで、増えてくるニーズにこた
えられるように準備していきたいと思っています。

今年は日鋼スチールが設立30周年の節目を迎えます。平成も今年で
最期です。Jr.である私も3月にはJr.ではなくなる年となります。ま
すます業界を盛り上げていけるように、前進していきたいと思います。