2018年10月25日木曜日

やって見せ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ

Jr.です

題の言葉は、弊社社長から聞いた山本五十六氏の言葉です。
新入社員など、新しくこの業界に入ってきた人は期待と不安でいっぱいだと思います。特にそれまでやったことのない仕事をするわけですから、どういうふうにすればうまくできるだろうかとか、どうすれば教えてもらえるのだろうかという気持ちが必ずあるでしょう。特に今の時代の人は、マニュアル世代と呼ばれる新人類なので、本当に指導書とか説明書のない、働くという世界をどう生きていくかの不安でいっぱいなのです。しかし、我々はきっと我々の価値観で、彼ら新人類を指導するので、我々の指導と彼ら新人類が思う指導とは隔たりが出てくるのは仕方がないと思います。

 ここで大事なのは、どちらがではどちらの考え方に合わせていくかということです。おそらく仕事の指導においては、もともと長くいる社員が、自分の教え方に自信があって、きっと自分の価値観で指導するほうがきっと手っ取り早いと思うでしょう。でも、相手は完全な素人です。果たして、ベテラン社員の思うようについてきてくれるでしょうか?私は無理だと思います。

 人にはペースがあって、そのペースを乱されると急に自信がなくなります。当然教えるスピードと、覚えるスピードは全然違います。教わる人にはそれぞれのペース、それぞれの価値観があります。昔なら、親方のいうことに従えばできるんだから、従えばいいでよかったでしょうが、今は絶対そんなことをすると離れていきます。せっかく意欲があって入社してくるわけですから、その意欲を消し去るような言葉や指導は絶対に避けるべきです。考えられないでしょうが、お箸の持ち方ひとつまともにできない大人がたくさんいます。そこからやらないと、今はきっと有望のある人間は生まれないのです。

 靴のはき方、服の着方、歩き方、作業姿勢、作業スピード。すごい回りくどいようですがそこから一つ一つ教えていくことをしなければ、今の人たちはなかなか仕事についていけないと思った方がいいと思います。時には厳しく言うことももちろん大事ですが、厳しさだけではいい人材は育たない。入ってきた意欲をまず信じて、どう職場になじんでいくかを、こちら側が考えてやらないとなかなか職場環境になじむのは難しいでしょう。出来ない人間にしているのは、雇う方にも責任があるのです。できない人間とはなから決めつけるよりも、「やってみせ 言って聞かせて させてみせ」ということを、こちら側がしてあげないといけないと思います。

できない人間だと決めるのは、できる人間なのですから。だったらできるように持っていってあげるのが大事なのではないでしょうか。それでもできないのなら、自ら断を下すでしょう。自ら断を下すまでは、できるようにしていくことが大事だと私は思います。