2018年10月20日土曜日

人件費、運送費高騰と正当な価格提示。

 Jr.です

今日のガソリン価格の提示をみて驚きました。すでにリッター150円を超えていますね。運送コストがさらに上がってしまうので、頭が痛いです。今まで製品価格を抑えていましたが、すでに限界がきており、反映せざるを得ない状況になっています。しかも、このところの人材不況による、募集広告費負担や給与のベアなどで人件費も軒並み天井知らずというところになっています。我々製造業を営む分野は、正念場になっています。
 検査費や事務手数料などはこれまでなんとか儲けの中から吸収してやってきていましたが、このところの建築需要の高まりと、このところの特に原料や製品の不当な検査の問題が重なり、厳密な書類の提出などを求められる時代になってきました。それまでも普通にあったのですが、さらに厳しい書類の正確性が求められ、事務の負担も増大になっています。
 この度弊社は「鋼材トレーサビリティ」の管理費用の請求を、お客様に求めていく方針を決めました。品質検査や製品検査の資料作成には、多大な時間と個の能力がかかっており、ほぼこれまではサービス同然となっておりました。しかしながら、前にも示した状態の中で、通常業務にプラストレーサビリティの処理をしていくには、あまりにもコストがかかり過ぎている状態なのです。これを打開していくには、個の能力の維持も大事ですが、それに準ずるソフトの導入など新たな対策をしていかなければなりません。曖昧な部分を正当にして、きちっとした価格設定を提示しなければ、会社の存続すら危ぶまれます。
 おそらくこの流れは止められないでしょう。各同業他社も追随してくるものと思われます。労働環境の改善や、少子化、人材育成の分野に早く国自体が手を打っていかないと、これまではいらなかったさまざまな部分のコストが明確に浮き彫りになっていくと思います。