2018年5月7日月曜日

空前の建築ラッシュ。早めの対策、対応を。

jr.です

年が明けてもう5月の連休も終わり、4月に入社した方々にとっては、これから始まる五月病との闘いが始まろうとしています。新人さんだけではなく、中堅ベテランの方も注意しないと五月病に侵される可能性は十分あります。今一度、自分の仕事を見つめなおして、気合を入れて梅雨を乗り切る準備をしていきましょう!

 この連休明けより、夏から秋にかけての建築構造物が数多く計画されており、製鐵メーカーはその需要で厚板製造がタイトになっています。空前の建築ラッシュがすでに始まりつつあり、材料確保に走るところが増えております。弊社も現在のところ、タイト感が強くなっており、納期対応に苦慮することになりそうです。構造物では一番に必要になってくる条鋼類と、その加工は現在のところ各製作会社、加工会社共に3~4か月詰まっている状態だといいます。早めに対策、対応しているところはかなり余裕を持っていますが、ぎりぎりまで設計に時間がかかっているような物件では、材料確保するのが相当辛い状況になってくると思われます。昔とは製作製造するスピードが2倍も3倍も違ってきていますので、いかにスピーディーに対応するかが、メーカー、材料加工業者の差になってきます。五月病に侵される暇などない状況が続くように、工程をしっかり組みながら早期に処理していく能力を高めていかなければならないと感じます。