2011年6月25日土曜日

安定的な仕事の模索。

 jr.です。

 まず市況。足元の仕事量は全体的に動きが低調です。仕事はあるけれども、プラスになる仕事はない現状です。分野別で活発なところはあるものの、全般的にはあまりよろしくないというのが実情でしょう。震災以降、価格の正常化に動いていたベクトルは、完全に向きを元に戻したような状態です。メーカーは、何とか状況を元に戻したくても、震災のバタバタや一部分の震災需要以外は動きが鈍いので、現状を打開するところまではいかないような気配です。上げ潮ムードは、完全に震災によって鎮静化してしまったようです。ただ、秋以降の仕事量、客先見積の状況を見るに数はそんなに少なくはない感じがあるので、鈍い動きの中で、ずるずると年末まで引っ張っていきそうな感じはあります。ただ、わっときて、わっとなくなる現状はかわらないので、安定的な仕事の模索をしていかないといけません。現状は仕事はあっても、なくなる時期が必ずやってくるので、なんとかしないといけないというのがあります。

 先日、今年で終わる予定の経営者講習に行ってきました。製造業として生き残るには、これからは相当困難な時代になりそうです。特に私たち鋼材加工業は、同業他社が乱立し、新たな枠組みを編成する時期に来ているのに、粘り強いというか、なんとか自分たちの会社だけでも残ろうとする動きばかりで、業界全体の浮揚を考えた前向きな動きが全くない現状です。2年前から、私自身はこの業界の先細りは目に見えているので、加工工程の枠組みを超えて、大規模な業界再編を訴えてきました。しかし、まったくといっていいほど、発展的な再編はされていません。私は、現状を打開すべく加工工程のジャンルを増やす方向にシフトしようと考えています。切断工程に加え、穴開け加工は現状やっているので、曲げ加工や開先加工を自社工程で増やそうと思っています。将来的には現状の大規模計画建築の鋼材加工だけではなく、小規模なものから住宅関係の鋼材加工までをフォローできるようにしたいです。「できることはすべて自社で」の方針で行きたいのです。そのためには優れた人材を入れていかなければならないので、来年からは新規社員の募集も年間を通じてしたいと思っています。個人でやることの限界を感じているので、従業員全体で会社の方向性を変えていけるようにしたいと考えています。