2011年3月25日金曜日

不安感。

 jr.です。

 震災から2週間が経ちました。未だにインフラもそうですが、町が町として機能しているところがほとんどない状態は変わっていないようです。昨日のニュースでは、食糧不足が深刻だと報道されていました。義援金や救援物資が、十分に生き届いていないようです。なによりもまず、「道」が大事なのだと、ニュースや新聞をみると思いました。導線というものがないと、物も人も動けない。。それに懸念される原発災害による放射線。。日本にとってはまさに最悪な災害となってしまったようです。時間がたつにつれ、不安感が漂ってきます。そんな中でも、被災者の方々は前を向いています。動画でみた、震災8時間から9時間後に救出されたご老人の言葉が響きました。

「またやり直せばいい。また一から作り直しですよ」

 きっとこの御老人が御存命中に完全復興することはないかもしれないけれど、その気持ちがあればきっと立ち直れるのでしょう。

 私は大変恵まれた境遇の中で育っています。自分で苦悩していることはたくさんありますが、ちっぽけすぎて悩んでいることも恥ずかしいくらいです。もっと打たれて打たれて、倒れるくらいまで打たれて立ち上がる力をもつくらい、経験しなければならないことがたくさんあると思います。経験に裏打ちされた話や体験は、何物にも及ばない力となる。老人の言葉で、私はそう感じてしまいました。
 だからこそこのもやもやした不安感を、一つの言葉だけで払しょくできるくらいの経験をしたいです。まだまだ青二才の私は、これから起こることに対しての不安感を払しょくできるほどの力がありませんので、どうなるんだろうという気持ちでいっぱいです。