2011年1月15日土曜日

我慢も限界が。。

 jr.です。
 
 「お客様が売単価を決める」。決めてみたいもんですねぇ。。この言葉にずっと白い目を私は向けています。そんな神様みたいな会社があるんですよねぇ。。ほんと今の時代は消費者至上主義でいいですよね。生産者は卑下されるんですものねぇ。消費税20%大賛成のjr.です。(笑)

 年明け早々からバタバタしてますが、決して仕事が増えているわけではなく、予定通りの仕事が始まっているだけで、何ら状況は変わっていません。むしろ、とうとう我慢の限界が近づいてきました。
 いろいろ自助努力と、仕入ソースの工夫などで原料高に対処してきました。一時的には在庫単価を抑えることができましたが、2月からはいよいよメーカーが我慢しきれずに単価を上げてきた材料が入ります。在庫調整をしているので、これが入ると一気に在庫単価が上昇するのです。そうなると言わずもがな、製品に反映しないといけないということになってきますわな。。はぁ。。

 「もう材料はこれから高くなる一方なので、売単価あげていかないと。。」
 「もう安い鉄板はないで。」

 そう話す複数の同業者が、実は一番売単価を上げないことはわかっているので、まあそれは各社の努力で上げなくても十分安い在庫があるからでしょう。そういうところと、売単価を競合させても勝てるわけはないし、これからどう取り組んでいいのか、頭が痛くなるばかりです。。どこまで今度は売単価をあげることができ、その結果仕事が薄くなるのかが怖いんで、週明けメーカーがくれば現状を把握して頂くことを切に願うばかりです。。

 いいたいことは、本当は喉の奥でうずうずしてるのですが、それをいうと本当に自分が悔しくて情けなくなるので言いたくないです。頭かかえて、胃をおさえて、北風に向かう旅人のごとく突き進むしかないんでね。。