2010年12月25日土曜日

今年もありがとうございました。

 jr.です。

 営業日があと1日なので、実質今日が今年最後のブログ更新となります。この1年間は本当につらく厳しい1年になりました。荒波の中を、落ちないように船にしがみついていく1年になると社長が語っていたように、本当に日鋼スチールにとってはなんとか粘って残った1年だったように思います。そんな中でも、2年越しで、プラズマ切断機を導入し、作業効率をアップさせ、前を向いていくための設備投資も行いました。背伸びせず、弊社がやれる最大限の努力をしていくことが、これからも重要になってくると思います。
 とはいえ、斜陽産業になりつつある鋼板加工業をこれから果たしてどう発展させていくか、ということを考えた場合、やはり国内産業の低迷でこれから成長することはまずあり得ないでしょう。となると、どうそれに向き合うのかということを考えていかないといけないでしょう。新しい分野を構築していくことももちろん重要なのかもれません。弊社にしかできない何かを見つけることも重要でしょう。しかし本線はやはり鋼板加工であるので、そこから目をそらすことはできません。日々仕事する中で、ただ値段の競争になってしまっている業界全体の流れの中で埋没してしまうことを恐れています。単独で仕事をすることは、非常に困難な時代になってきています。かといって、大企業に組することはコマになることであり、コマというのはいつでも切り捨てられる恐怖と闘わなければなりません。坐して死ぬか、闘って死ぬか。どちらにしても棘の道です。
 私自身の今考えていることは「業界再編」です。材料加工業はこれ以上価格競争すればジリ貧になるし、正当な加工賃を無視し、お客様の指値に合わせて仕事するようでは、業界自体の見方はいつまでたっても低く見られてしまいます。それを解消するにはやはり増えすぎた過剰設備を淘汰して、身の丈商売をするか、部門別に得意な会社が一つになることしかないでしょう。どんな産業でも一度は迎える業界再編の波が、いよいよ禁断の製造業にも押し寄せてきているとみていいでしょう。来年こそチャンスだと思います。それぞれの専門分野が一つにまとまれば、無駄な価格競争もない、正当な取引がスムーズに行われるとおもうのです。
 そうはいっても、遠吠えです。。食うか食われるかの生存競争と化してるこの業界に共存共栄のような甘い考えをもっている会社はほとんどないでしょう。来年もそうなれば船の舳先にぶらさがっているしかないのでしょうが、這い上がれるだけの仕事量の確保ができるのかがキーになってくるでしょう。生き残るためだけの、明日なき仕事を続けていくことでいったい未来はいつ開かれていくのか、ただ希望を持ちたいだけなのに、それさえも持つことのできない業界になること自体が、寂しくもありむなしくもあります。先なきことをただとつとつと言っていてもしょうがないので、いつかは切り開ける未来が待っていることを信じて、今は目の前の仕事をシビアに、迅速に、根気よく、まじめに続けていくこと。これを自分の中での指標にして来年もまた一歩一歩歩いていきたいと思っています。自分の会社で出来ることは何かを、来年もずっと続けて考えていきたいです。
 
 最後になりましたが、来年もまた日鋼スチールをどうか宜しくお願い致します。年末年始どうか皆様お怪我などなされぬように。。ありがとうございました。よいお年をお迎え下さい。