2010年8月3日火曜日

自助努力のない社会で。。

 jr.です。

 大阪の児童2児遺棄事件に、すごく心を痛めつけられてる。
自分にも2人の子供がいるが、ほぼ年齢は変わらない。母親
は育児放棄をしていたが、その話を聞くにつけやりきれない思
いにかられる。。
 子供はもちろんかわいそうだ。一番の被害者である。でも、
親となり、一時は母親になったことの幸せをかみしめていた
容疑者が豹変してしまったのは、最近ではめったにみられない
母親としての自助努力というもののなさだ。これは、どうしようも
ない。道徳教育もなくなり、向こう三軒両隣の近所付き合いもな
くなり昔の古き良き日本の文化が失われているからだと思う。
 
 誰かか手を差し伸べれば。。は結果論であって、最終的には
自分の自助努力能力があるかないかになる。彼女自身に
この状況をなんとかしなければと思う気持ちがまったくなかった
のに、周りが手を差し伸べてもまったく無意味だったかもしれな
い。
 
 私の奥さんは、子育てに追われているが自分でどうにか対処
しようと、引っ込み思案なところがあった性格を自助努力で変えた。
そして母親として子供の環境に必死でついていこうとしている。
彼女にそれをしようという能力はなかった。結果、悲劇を生んでしま
った。
 子育て環境の整備以上に、子育てをする親の環境を整備していく
こと、皮肉にもまた事後反省しなければならないが、政治だけではな
く私たち社会全体が、見つめなおしていかなければならない時期に来
ているのではないだろうか。。

 2児の冥福を祈ります。合掌。。