2010年2月11日木曜日

信頼関係とは。。

 jr.です。

 昨日こんなことがありました。
 A社が作った加工物(約トータルで1トン強)が、完全なミスで
すべて作り直すことになりました。しかし納期は2日後。今から
材料を手配して加工物を作ることというのは至難の業です。
たまたま別件でうちの会社に来ていた同業の営業の方が、そ
の材料を手配してほしいのだが、できれば溶接加工までして
ほしい、社運がかかっているのでとの依頼を受けて困ってい
ました。その営業の方とはもうそのかたが入社されて以来、ず
っとうちと取引関係をもっていて、社長とは旧知の間柄です。困
っている様子を見かね、社長はその仕事をなんとかしてやろうと、
まず材料加工を1時間程度でやってしまいました。しかし、今度は
溶接加工がネックになります。うちはまったく溶接加工はできませ
ん。しかも、機械加工に1日は最低かかるので、1日ないし半日し
か、溶接加工までの猶予はありません。普通なら納期まで最低2日
以上は欲しいような加工条件の中、社長は加工業者に直談判まで
して、何とか夕方に仕上げた材料を引き受けてくれた加工業者まで
運び、翌日の午前中にすべて終わらせ、1日の余裕を作って機械加工
業者に渡したのです。
 「信頼関係や」。こんなことが、どうして出来たのか。社長に問うと
即座に返ってきました。まずは困った仕事を受けた同業他社の営業
の方と、社長との信頼関係、社長と無理な納期の加工を請け負って
くれた会社との信頼関係。このどれもが欠けていると、こんなことはでき
ないと。「よし、やろう!あとはまかせておけ!」という社長の一言は、
何かずんっと自分の心に響く声でした。今の自分には、あんな声をだす
ことはできないな。。また一つ、社長の存在が大きく見える瞬間でした。

「そのかわり、お金のことはいうたらあかんで」。

もう社長には脱帽です。(笑)