2009年7月20日月曜日

棚卸です。ちょっと政治の話も。。

 jr.です。

 20日は決算棚卸で、祝日ですが出勤でした。今期は後半
がまったくお話にならないくらい、ひどいものでした。いつも
年度初頭に一気に開幕ダッシュをかけるのですが、来期
は果たして開幕ダッシュができるか、かなり微妙な仕事内容で
す。8月末には総選挙が行われるでしょう。その結果いか
んによっては大きく景気動向が変わる可能性もありますしね。
 最近思うのですが、政治に興味のない人が減ったように
思います。一つは、いろいろ言われますが、やはり宮崎県知
事の元タレントや、大阪府知事の元タレント弁護士の効果
なのかもしれません。身近な人が、政治にかかわると少し
興味がわきますものね。これはそれがいい悪い別で一定
の効果があったと思います。(ただ、今回宮崎県知事はや
りすぎましたが。。)あとひとつは、政治によってこの長い不況
と格差が引き起こされた感があることにようやく国民全体が気
付き始めているということかもしれません。皮肉にも、郵政解散
と言われた前回選挙にて、勢いだけで与党を選んでしまった国
民が招いた結果が、現状を表しているからです。そのことに、皆
が気付き始めているのだと思います。

 私は政治家自体、あまり好きにはなれません。選挙の時
だけペコペコして、終わったらえらそうにするというイメージが
消えないのです。だから政治家の人を先生というのもどうかな
と思います。何も師と仰ぐことをしていない人に先生と呼ぶのは
どうなのでしょうね。先生が生徒にペコペコ頭下げて、当選したら
先生づらするのって、変じゃありませんか?(笑)ただ、こう思って
しまう背景には、政治家自体の活動内容や、公約などが国民全体
に知れ渡っていないことがあると思います。知ろうともしないというの
もあるかもわかりませんが、あまりに身近に政治が深く生活に根付い
ていない日本の現状があるのかもしれません。

 かといって、私は選挙が嫌いなわけではなく必ず行きます。面白味
にかけた兵庫県知事選挙にも行きました。権利だからです。
私は必ず今回の総選挙には、各党のマニフェストを見て、候補
者の考えを聞いて投票に行きたいと思っています。