2009年7月18日土曜日

温情と非情。

  jr.です。

 弊社の社長は、非常に人の観察が鋭くて、少しでもその人
の変化を見つけると、すぐに声をかけます。その素早さたるは、
誰にも負けないくらいです。それだけに、ささいなことでも気に
する、繊細な性格でもあります。自分のことに対してもそうです
が、他人のことに関しても決しておろそかに対応せず、親身に
なってくれます。弊社の従業員は、よく動きます。それはやはり
社長の人柄なのでしょう。
 しかし最近は社長の人柄も関係なく、仕事に感情が入らない
ことが多くなりました。「あの社長のところでないと」という理由が、
最近は「あそこが安いから」に変わってきているのです。そこに
は深いつながりは必要ないのです。価格だけです。殺伐とした
雰囲気の中で、仕事をただこなす人間ばかりになると、こんな風
になるのかなと思いました。
 社長は昔の商売の話をよくしてくれます。仕事やっててもすご
くスリルがあって、営業自体が楽しそうな時代だったんだなって
うらやましく思う事があります。人間と人間がぶつかりあってこそ
いい仕事ができる、いい商売ができるのに、今の時代は本当に
仕事をしていても面白くないな。。そんな社長のつぶやきが身に
しみることがあります。温情があって、血の通った商売が当然だ
ったころ、不況でもなんとかなると笑えていたのかもしれません。
しかし、今は非情で薄氷の上の商売が主流。不況になればなる
ほど殺伐として、笑う事が出来ないでいるような気がします。理想
は、血の通った商売をしたい、でも、今は非情にならなければ最
高技術をもつ弊社社員を守ることはできない、と私は思います。
価格、品質ともに今、弊社はこれ以上ないほど御得意先には
好条件で製品を提供できていると自負しています。それだけに、
こちらもシビアに厳しくいかなければなりません。

とはいえ、社長にはやはりいつまでも「いい人」でいてほしいです。。