2009年3月19日木曜日

魔の四月の予感。。

 jr.です。

 一部の電炉メーカーの価格の引き下げにより、市況が完全に混乱状態に
あるといえます。注文を頂く得意先様の、価格に対する見方が厳しくなって
いるのは事実です。しかし、巷ではまだ在庫調整がうまく進んでいない上に、
仕事自体も減少傾向にあり、価格の高い在庫が積みあがっているような状
態です。それは何も、市場に限ったことではなく、製造しているメーカーの資
材倉庫にもまだ多くの材料が眠っているのです。そんな状態で、市況だけが
先行して価格が引き下げられています。こうなってきたらもう、体力勝負に
なってきました。どこまで、我慢できるのか。。魔の四月の予感です。
 鉄鋼業界は常にこのような危機を何度となく繰り返してきています。その
たびに弱者はつぶれ、強者は弱者を吸収して何とか会社を維持してきま
した。しかし、今回はその縮図にも変化が見られます。強者が弱者よりも
体力的にきつくなってきている点です。人間、何度も殴られればまっすぐ
に立つことすらも難しいですよね。幾度となく危機を乗り越えてきたツケが
ここにきて体に相当ダメージをうけてしまっている状態なので、堪えてきて
いるのです。
 ここからは、私の想像ですがまあ戯言と思って読んでください。いまや
日本の企業も「小」が「大」を飲み込む時期に来ているのではないでしょ
うか。大企業の人事をみても、系列子会社のトップが、本社のトップにな
るケースがあります。大世帯になったが為に生まれる雇用保障という壁。
子会社にはとくに影響はありません。人員削減にも気を使う必要があま
りないから、コストを下げることは容易にできます。ただ、そこにないの
は大企業のもつブランドイメージと拡販できるだけの営業力だけ。子会
社のコスト削減と、大企業のもつ営業力が合わされば鬼に金棒なのです。
 私の会社は「小」ですが、条件次第では業務提携や経営統合、いわゆる
M&Aは積極的に考える時期にきていると思います。将来的には必ずそうな
ると思います。ただそうなったとしても、日鋼スチールとしての基本的なスタ
ンスは変えるつもりはありません。

 まあ、あくまで戯言ということで。。^^;