2018年10月25日木曜日

やって見せ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ

Jr.です

題の言葉は、弊社社長から聞いた山本五十六氏の言葉です。
新入社員など、新しくこの業界に入ってきた人は期待と不安でいっぱいだと思います。特にそれまでやったことのない仕事をするわけですから、どういうふうにすればうまくできるだろうかとか、どうすれば教えてもらえるのだろうかという気持ちが必ずあるでしょう。特に今の時代の人は、マニュアル世代と呼ばれる新人類なので、本当に指導書とか説明書のない、働くという世界をどう生きていくかの不安でいっぱいなのです。しかし、我々はきっと我々の価値観で、彼ら新人類を指導するので、我々の指導と彼ら新人類が思う指導とは隔たりが出てくるのは仕方がないと思います。

 ここで大事なのは、どちらがではどちらの考え方に合わせていくかということです。おそらく仕事の指導においては、もともと長くいる社員が、自分の教え方に自信があって、きっと自分の価値観で指導するほうがきっと手っ取り早いと思うでしょう。でも、相手は完全な素人です。果たして、ベテラン社員の思うようについてきてくれるでしょうか?私は無理だと思います。

 人にはペースがあって、そのペースを乱されると急に自信がなくなります。当然教えるスピードと、覚えるスピードは全然違います。教わる人にはそれぞれのペース、それぞれの価値観があります。昔なら、親方のいうことに従えばできるんだから、従えばいいでよかったでしょうが、今は絶対そんなことをすると離れていきます。せっかく意欲があって入社してくるわけですから、その意欲を消し去るような言葉や指導は絶対に避けるべきです。考えられないでしょうが、お箸の持ち方ひとつまともにできない大人がたくさんいます。そこからやらないと、今はきっと有望のある人間は生まれないのです。

 靴のはき方、服の着方、歩き方、作業姿勢、作業スピード。すごい回りくどいようですがそこから一つ一つ教えていくことをしなければ、今の人たちはなかなか仕事についていけないと思った方がいいと思います。時には厳しく言うことももちろん大事ですが、厳しさだけではいい人材は育たない。入ってきた意欲をまず信じて、どう職場になじんでいくかを、こちら側が考えてやらないとなかなか職場環境になじむのは難しいでしょう。出来ない人間にしているのは、雇う方にも責任があるのです。できない人間とはなから決めつけるよりも、「やってみせ 言って聞かせて させてみせ」ということを、こちら側がしてあげないといけないと思います。

できない人間だと決めるのは、できる人間なのですから。だったらできるように持っていってあげるのが大事なのではないでしょうか。それでもできないのなら、自ら断を下すでしょう。自ら断を下すまでは、できるようにしていくことが大事だと私は思います。





2018年10月22日月曜日

突然の訃報を受けて。

Jr.です

「人事を尽くして天命を待つ」という諺があります。
何かをしようとする時、結果については、どのようになっても後悔しないという思いを決め、その時々に応じて自分のやれることをすべてやりつくし、あとは、余計なことを考えず、ただ天から与えられた運命に全てを任せ、愚痴や不満などを口にしないで時を過ごす、という意味が込められています。
 運命とはあまりにも残酷で厳しいものですね。運命を終えるまでにやれることをすべてやりつくせというのは、本当に酷です。実際には、これからやろうと思っている人の運命が、ぱったりと途絶えることもまたあるのですから。やりつくして運命を終えるというのは、本当に限られた人だけなんだろうなと思います。
 弊社に30年以上、中断期間を除くと35年以上、トラックの運転手として働いて、今年6月に定年退職し、地元に帰った元社員が先日急死いたしました。65歳。私が3歳のころから、サラリーマンから独立した現社長に仕えていました。家族の事情により、10年ほど弊社から離れた時期もありましたが、離れても弊社のことを気にかけ、その期間にトラック運転手を務めた社員の不慮の事故を受け、すぐさま運転手として戻ってきて、およそ30年近くを弊社の配送トラックの運転手として働いてくれました。御得意先にも、その真面目で人当たりの良い性格が好評を得てとても人気がありました。
 今年に入り「会社を退職したい」という申し出がありました。私としては、まだ体が元気そうだし、誕生日で辞めたいと言われたのであわてました。(彼の誕生日は3月だったので)運転手募集も急遽しなければならないし、その指導もお願いしたいのでなんとか半年延ばしてほしいと頼み、本人からも了承を得て半年勤めてもらいました。すぐにトラックの運転手が見つかればよかったのですが、なかなかこの人材難の中すぐには決まらなかったのもあり、本当に彼には頑張ってもらいました。幸い後任も見つかりきれいな形で6月に送り出すことができたので、本当によかったと思った矢先に、訃報が飛び込んできました。
 今思えば本当に体が限界だった中、弊社のために頑張ってくれたんだなと思いました。8月下旬に地元の梨をわざわざ私の家に近くまで持ってきてくれ、あの人懐っこい笑顔をみせてくれたのが昨日のことのように思い出され、先日お悔やみの際、顔を見せてもらった瞬間に涙が止まりませんでした。

「今からやんか。。早いで。。」
その一言しか、出ませんでした。

天命とは何なのでしょうか?人は死ぬために毎日を生きています。当たり前なのですが、死ぬことがこんなに悲しいのは、やはり人間のエゴなのかなあ、と思いました。一日でも一秒でも長く、自分に与えられた運命を生き抜くことで、最期の時を迎えられたらと思います。彼にとって、人生はどうだったのでしょうか。幸せだったのかなぁ。。死んだ人に話は聞けませんが、私たちと出会ったことが、彼にとって幸せなことだったことを本当に強く強く願っています。そして、これから夫婦水入らずで余生を送る予定だった彼の時間を少し奪ってしまったことを本当に申し訳なかったと、お悔やみの席で祈りました。心から冥福を祈りたいと思います。



2018年10月20日土曜日

人件費、運送費高騰と正当な価格提示。

 Jr.です

今日のガソリン価格の提示をみて驚きました。すでにリッター150円を超えていますね。運送コストがさらに上がってしまうので、頭が痛いです。今まで製品価格を抑えていましたが、すでに限界がきており、反映せざるを得ない状況になっています。しかも、このところの人材不況による、募集広告費負担や給与のベアなどで人件費も軒並み天井知らずというところになっています。我々製造業を営む分野は、正念場になっています。
 検査費や事務手数料などはこれまでなんとか儲けの中から吸収してやってきていましたが、このところの建築需要の高まりと、このところの特に原料や製品の不当な検査の問題が重なり、厳密な書類の提出などを求められる時代になってきました。それまでも普通にあったのですが、さらに厳しい書類の正確性が求められ、事務の負担も増大になっています。
 この度弊社は「鋼材トレーサビリティ」の管理費用の請求を、お客様に求めていく方針を決めました。品質検査や製品検査の資料作成には、多大な時間と個の能力がかかっており、ほぼこれまではサービス同然となっておりました。しかしながら、前にも示した状態の中で、通常業務にプラストレーサビリティの処理をしていくには、あまりにもコストがかかり過ぎている状態なのです。これを打開していくには、個の能力の維持も大事ですが、それに準ずるソフトの導入など新たな対策をしていかなければなりません。曖昧な部分を正当にして、きちっとした価格設定を提示しなければ、会社の存続すら危ぶまれます。
 おそらくこの流れは止められないでしょう。各同業他社も追随してくるものと思われます。労働環境の改善や、少子化、人材育成の分野に早く国自体が手を打っていかないと、これまではいらなかったさまざまな部分のコストが明確に浮き彫りになっていくと思います。

2018年9月21日金曜日

天災には非力。こんなときこそ国の力を。

Jr.です

今年は稀にみる天災続き。猛暑も天災に入れるとしたら毎月のように
天災にあっていた感じがします。そんな天災続きで、工事の遅れも
当然のようにありますが、材料も製造メーカーのほとんどが海辺にあ
ることもあり、先日の台風で、かなり大阪はダメージを受けているよ
うです。いまだに操業が難しいところもあるそうで、工具類を扱うメ
ーカーなどは、資材が届かない状況が続き慢性的な「材料不足」に陥
っています。当然工具、部品類が不足すれば、製作も遅れます。工期
遅れは当たり前のようになっていて、材料は作れない、作っても受け
入れられない、配送業者は荷物に追われている、人出はないというよう
な悪循環が出てきています。
 仕事自体は現在のところ好調に動いてはいるのですが、こうなると
足踏みが出始めるのではないかと少し心配になっています。天災には
人は非力なので、どうしようもないのですが、製造現場や製作現場が
止まらないように、何らかの対策を国に求めたいですね。





2018年8月6日月曜日

受注したいのはヤマヤマですが。。

Jr.です

8月に入って、少し気温も残暑と呼ばれるレベルまで下がってくれないかなと思っていましたが、全く7月の酷暑と変わらない状況に苦慮しています。この暑さでは、工場内も50度近くなります。火を使う作業ですので、仕方がないのですが、例年にない酷暑にさすがの百戦錬磨の弊社工場作業員も精神的にも肉体的にも厳しい状況になっています。
 
 加えて、8月に入りいつものことですが盆前というのはバタバタと仕事が入ってきて、必ず盆休み前納期、盆休み明けすぐの納期のものが週の頭にどどっと入ってきます。通常ならば無理をしてでも、お客様の要望に応える弊社ですが、人材の不足や労働基準などを重視する昨今、あまり厳しいことも従業員には加せない現状があります。加えてこの暑さはいくらなんでも地獄としか言いようがありません。
 
 昔から弊社は「即納」「スピーディーな対応」でお客様に支持されてきました。弊社の売りはそこであり、その部分がお客様にとってもメリットのある会社だと認識されてきていました。しかし、人材不況という落とし穴に対応しきれておらず、結局は人材を失う状況にもなり、その売りは厳しいものになっています。できうる限りご要望にはお答えしてきた弊社ですが、追い込まれてきているのは間違いないと思います。

 こんな現状を抱えている中小零細企業は多いはずです。これからの製造業は不計画ではやっていけないと思います。前もって計画的に仕事を組み立て、突発的なことはできうる限り避けて、きっちりとした生産計画を出す形(現状建産機や、製缶同様に)にしていかないと、なかなか納期通りとはいかなくなると思います。弊社の売りは消えますが、お客様にとってもそれはプラスに働くことになりますし、我々もスピーディーに対応できるのではないかと思います。

 とはいえ、なかなか現状はそういう風にはなかなかいかないですよね。昔のような互助的な同業者の組合もすでにありませんし、自社で対応していくしかないです。もう私の頭の中では、ずっと「労務疲弊」のことがよぎって仕方ないです。成功した例などもみていますが、さて弊社に当てはめていけるのかどうかというところです。この仕事を引き継いでいく身ですが、不安感ばかりが先行してしまいます。労務に関しては大胆な対策をしていかないといけない時期に近づいている気がします。

2018年7月31日火曜日

酷暑の7月でした。。

Jr.です

7月、いろいろありましたがもう終わろうとしております。
一応上半期終了ですね。

W杯、大阪の地震、西日本豪雨。。大変なことが多くあり、
結構長く感じた7月でした。特にこの「酷暑」。すでに災害
であり、危険な気候ですよね。弊社工場も、工場の奥にいく
ほど暑くなり、いちばん奥の機械を使う人間は気の毒でした。
ベンチレータでもとおもったのですが、窓で十分とのことだっ
たので、工場の奥もさすがにこの夏は窓を切りました。ずいぶ
ん空気がこもってたので、窓を付けた瞬間かなり空気が通り、
ずいぶん変わりました。効率を上げるためには、従業員の働く
環境を充実させることが一番です。これからも、従業員の環境
を充実させていく決意です。

8月弊社が始めることは、求人募集です。8月には一人長年勤
めてくれた従業員が職場を離れてしまいます。現在公的機関数
か所に求人をしていますが、まったくリアクションがありませ
ん。躊躇しましたが、求人が比較的集まりやすい求人サイトへ
の登録をすることにしました。全く成果がないかもしれません
が、雲をつかむような話ばかりではいつまでたっても誰も来て
はくれないので、こちら側から積極的にアクションしていかな
ければと思い、決意しました。

 製造業、特に工場勤務は以前として不当な労働、残業代未払
などの問題があるようで、そのイメージが多く、求人もその影
響を受けて集まりにくくなっているようです。企業努力が足ら
ないため上がらない加工賃などの影響もあるのかもしれません
が、従業員中心で考えていかないと、労務で会社を衰退させて
しまう可能性が、今の時代ありえます。弊社はまず労務への重
要度を高くしており、きちんとした給与体系、従業員フォロー
をしています。その点を強くアピールしていこうと思います。
以前もブログでお伝えしましたが昨今、製造会社のCMが多い
のも企業がなにかアピールしていかなければ、誰も振り向いて
くれないという現状があるからです。弊社は零細企業ですので、
そんなに長くそんなに多くのお金をかけて、求人はできないで
すができるだけのアピールをして、何とか製造業に目を向ける
若者、勤労者を増やせればと思っています。

酷暑、まだまだ続きそうですがこのブログを読んでいただいて
る皆様、どうかお体御自愛ください。


2018年5月30日水曜日

「時代の壁」を乗り越えていくこと

Jrです

ここ最近、本当にスポーツの分野での問題が深刻化していますね。
大相撲の暴力問題に端を発したさまざまな問題、大学スポーツで
も信じられないような問題が起こりました。誤解のないように言
っておきますが、これらの問題は言語道断です。言語道断ではあ
りますが、一昔前なら表には絶対に出なかった問題ではないのか
な、と思います。

 大相撲業界では、問題とは違いますが「かわいがり」と呼ばれ
るいじめにも近いような躾と称した暴力行為が当然のごとく行わ
れていた時代がありました。これによって力士は這い上がり、横
綱を目指して精神を鍛えてきた部分があるといいます。さらに大
学スポーツでも、あえて厳しい練習を課して精神的に強くなるよ
うにいじめに近い指導をし、選手を育ててきた時代がありました。
それによって、どんな苦境にも立ち向かえる選手になれるという
こともあったといいます。

 しかしこれらの指導は時代によって違うのです。

 昔はそれでも何の問題もなかったという人も多くいます。しか
しどんな理屈を並べても、この時代にはだめなのです。今こうい
う「時代の壁」を目の前にした事象が非常に多くなっていると思
います。これは会社経営にも言えることです。昔はどんなに会社
から無理やり仕事を押し付けられて、残業しても残業がつかない
ような環境でも、会社という安定的な職場環境にいることをよし
とした時代がありましたが、今はそんなことをすれば労働基準に
違反しているし、残業は自由にすることもままならず、安定する
のではなく、自分にチャレンジしていくために転職する時代です。
昔を知る弊社の社長の時代では考えられないような変化になりま
した。この「時代の壁」を乗り越えていくことこそ、これからの
社会に必要なことなのです。

 私はこの「時代の壁」が出来てしまった理由の大きな原因は何
と言われれば、やはり多様性だと思っています。閉鎖的だった社
会構造が変わって、ネット社会によってボーダーレスの時代に入
り、人々が様々な考えを持つようになったからです。生きるため
に必要なものを得るために、今はそんな必死にならなくても誰で
も手に入るようになりました。どんなにお金がなくても、携帯電
話は持っていたり、住む家がなくてもネットカフェで暮らす人も
いる。生きることに困らない時代になったのも、多様性のおかげ
でしょう。必ずしも多様性が悪いわけではなく、むしろどんな人
でもチャンスをつかめば成長できるようになった点をみれば、い
い時代になったのかもしれません。こういう時代に合わせていく
ことも大事です。しかし、いつもこのブログで言わせてもらって
いるように、昔の良い部分まで消し去る必要はまったくないと思
っています。なんだか今の時代は、そんな昔の良い部分まで消し
ていっているようで、すごく切ない気持ちになりますね。

「時代の壁」を乗り越えるためにしなければならないのは、多様
性社会になったにも関わらず、人と人とのつながりが薄くなって
しまって、情報に踊らされ個人個人が本当に一人で何でも判断し
てしまうようになっていることを改善することだと思います。
もっと情報を共有して、仲間と考え方をぶつけて、本当に正しい
答えは何かを導き出すようにしないと、この壁は乗り越えられな
いと感じます。いろんな考え方が蔓延している割には、みんな自
分でどう行動していいのかわからなかったり、自分の気持ちを相
手に伝えることが出来なくなっているように思うのです。壁に
思い切りぶち当たっていく勇気も、乗り越えるに必要なことだと
思います。
 
「俺はこんな考え方で君と接しているけれども、じゃあ君はどう
思っているんだ?」「俺はこういう思いがあるが、君はどう思っ
ているんだろう?」こんな簡単な質問が、互いに躊躇してできな
い社会になってはいけないと思うのです。もっと積極的に交流し
たり、外に出ていろんな人の話を聞くことも壁を乗り越えていく
為には大事なことだと思います。頑張ってみましょう!